読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IPアドレス設定とのPEERDNSパラメーターについてのメモ

Linux CentOS

毎回何となくIPアドレスの設定をやってしまう訳ですが。
今日調べていて覚えた事のメモです。


IPアドレスDHCPで配布されているものを使いたいが、
「/etc/resolv.conf」の設定は自分で設定したいものを使いたい場合。


設定ファイルは「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ethX(Xは数字)」とします。

  • その1


「PEERDNS=no」とすると、DHCPでIP取得時に「/etc/resolv.conf」は更新されない。
(設定されているものをそのまま使える)

  • その2


「PEERDNS=yes」とし、
「DNS1=xxx.xxx.xxx.xxx(xxx.xxx.xxx.xxxは問い合わせを行うDNSサーバーのIPアドレス)」
とすると、DNSサーバーを指定できる


「Interface Configuration Files」が参考になりました。

今日はこんな所で。