読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cannot send monitor command '{"execute":"qmp_capabilities"}': Connection reset by peer

エラーの対応をしたメモです。


KVMのホスト機を立ち上げたのですが、いくつかの仮想サーバーが起動していませんでした。
仕方ないので、手動で起動しようとしたところ、以下のようなエラーが出て起動せず。

# virsh start web1
エラー: ドメイン web1 の起動に失敗しました
エラー: cannot send monitor command '{"execute":"qmp_capabilities"}': Connection reset by peer


調べたところ、何が原因かは不明なのですが、「managed save」されたファイルが存在していました。
どうやらこれが、起動時に読み込めない状態になっていたことが原因の模様。

# cd /var/lib/libvirt/qemu/save
web1.save  web2.save
# ls -la
合計 679948
drwxr-xr-x. 2 qemu qemu      4096 12月 21 01:44 2011 .
drwxr-x---. 5 qemu qemu      4096 12月 21 01:48 2011 ..
-rw-------. 1 root root 503316480 12月 20 01:29 2011 web1.save
-rw-------. 1 root root 192937984 12月 20 01:30 2011 web2.save


ということで、参考ページの説明に基づき、「virsh managedsave-remove」コマンドを発行。

# virsh managedsave-remove web1
Removed managedsave image for domain web1

# virsh managedsave-remove web2
Removed managedsave image for domain web2


「virsh managedsave-remove」コマンドを発行後、「virsh start」で無事起動しました。

# virsh start web1
ドメイン web1 が起動されました

# virsh start web2
ドメイン web2 が起動されました


ゲストOSのシステムログを見る限り、起動は特に問題なさそうでした。


今日はこんなところで。

参考