読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KVMを使ってみる

Linux KVM

自宅のサーバーをCentOS6.0にしたので、ついでにKVMを使ってみる事にしました。
今回使用した環境はCentOS6.0。


大分古いCPUですが、flagsの所に「vmx」とあるので、使えるはずです。

# cat /proc/cpuinfo 
processor	: 0
vendor_id	: GenuineIntel
cpu family	: 15
model		: 6
model name	: Intel(R) Pentium(R) D CPU 2.80GHz
stepping	: 2
cpu MHz		: 2799.807
cache size	: 2048 KB
physical id	: 0
siblings	: 1
core id		: 0
cpu cores	: 1
apicid		: 0
initial apicid	: 0
fpu		: yes
fpu_exception	: yes
cpuid level	: 6
wp		: yes
flags		: fpu vme de pse tsc msr pae mce cx8 apic mtrr pge mca cmov pat pse36 clflush dts acpi mmx fxsr sse sse2 ss ht tm pbe syscall nx lm constant_tsc up pebs bts pni dtes64 monitor ds_cpl vmx cid cx16 xtpr pdcm lahf_lm tpr_shadow
bogomips	: 5599.61
clflush size	: 64
cache_alignment	: 128
address sizes	: 36 bits physical, 48 bits virtual
power management:


必要なパッケージをインストールします。
基本はこれで終了です。

# yum -y qemu-kvm libvirt python-virtinst bridge-utils


OSを一度再起動します。

# shutdown -r now


カーネルモジュールが組み込まれている事を確認します。

# lsmod | grep kvm
kvm_intel              46653  3 
kvm                   292815  1 kvm_intel


NICの設定を行い、ブリッジネットワークを構成します。

# cd /etc/sysconfig/network-scripts/
# cp -p ifcfg-eth0 ifcfg-br0
# vi ifcfg-br0
DEVICE="br0"
ONBOOT=yes
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
TYPE=Bridge
BOOTPROTO=none
IPADDR=xxx.xxx.xxx.xxx
NETMASK=xxx.xxx.xxx.xxx
GATEWAY=xxx.xxx.xxx.xxx


# vi ifcfg-eth0 
DEVICE="eth0"
ONBOOT=yes
HWADDR=xx:xx:xx:xx:xx:xx
TYPE=Ethernet
BOOTPROTO=none
BRIDGE=br0

# /etc/init.d/network restart


ブリッジの状況を確認します。

# brctl show
bridge name	bridge id		STP enabled	interfaces
br0		8000.001320b0889c	no		eth0
							vnet0
virbr0		8000.000000000000	yes


raw形式で仮想ディスクを作成します。

# qemu-img create -f raw /var/lib/libvirt/images/centos6-test.img 10G


その後「virt-install」コマンドを使って、仮想マシンをインストールしました。

# virt-install -n centos6-test -r 512 -f /var/lib/libvirt/images/centos6-test.img \
-s 10 --vcpus=1 --os-type linux --os-variant=rhel6 --network bridge=br0 \
--nographics --location="http://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.0/os/x86_64" \
--extra-args='console=tty0 console=ttyS0,115200n8'


テキストモードでインストールが始まり、インストールを完了させると特に何の問題も無く
使えるようになっていました。

# virsh list
 Id 名前               状態
----------------------------------
  9 centos6-test          実行中


今更ながらですが、また少しずつ勉強しようと思います。


今日はこんなところで。