読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーザーEXECモードでイネーブルEXECモード用のコマンドを使う

Catalyst

今日も自分用のメモです。


グローバル・コンフィグレーションモードに入ってしまうと、イネーブルEXECモードのコマンドが使えません。
ネーブルEXECモードに戻って実行すればいいのですが、結構面倒です。

>en
#ping xxx.xxx.xxx.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to xxx.xxx.xxx.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/2/4 ms
#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
(config)#ping xxx.xxx.xxx.1
                ^
% Invalid input detected at '^' marker.


「do」コマンドを使うと、グローバル・コンフィグレーションモードでもイネーブルEXECモードのコマンドが実行できます。

(config)#do ping xxx.xxx.xxx.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to xxx.xxx.xxx.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms
(config)#

今日はこんな所で。