読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

statコマンドを使ってみる

Linux TIPS

恥ずかしながら、statコマンドなるものがあることを初めて知りました。


試した結果をメモ。


引数を何も付けないと、ファイルに関する情報を色々と表示してくれる。

# stat /etc/hosts
  File: `/etc/hosts'
  Size: 234       	Blocks: 16         IO Block: 4096   通常ファイル
Device: fd00h/64768d	Inode: 622605      Links: 1
Access: (0644/-rw-r--r--)  Uid: (    0/    root)   Gid: (    0/    root)
Access: 2011-01-13 00:09:55.000000000 +0900
Modify: 2010-12-29 19:37:03.000000000 +0900
Change: 2010-12-29 19:46:03.000000000 +0900


「-f」オプションでその当該ファイルが含まれているファイルシステムの情報、
「-Z」オプションでSELinuxのセキュリティコンテキスト情報を表示。

# stat -f /etc/hosts
  File: "/etc/hosts"
    ID: 0        Namelen: 255     Type: ext2/ext3
Block size: 4096       Fundamental block size: 4096
Blocks: Total: 1364890    Free: 1119790    Available: 1049339
Inodes: Total: 1409024    Free: 1375449


# stat -Z /etc/hosts
  File: `/etc/hosts'
  Size: 234       	Blocks: 16         IO Block: 4096   通常ファイル
Device: fd00h/64768d	Inode: 622605      Links: 1     Device type: 0,0
Access: (0644/-rw-r--r--)  Uid: (    0/    root)   Gid: (    0/    root)
   S_Context: system_u:object_r:etc_t
Access: 2011-01-13 00:09:55.000000000 +0900
Modify: 2010-12-29 19:37:03.000000000 +0900
Change: 2010-12-29 19:46:03.000000000 +0900


覚えておくと、どこかで使える様な気がしました。


今日はこんな所で。