読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xmコマンドあれこれ

備忘録的にxmコマンドについて書いておこうと思います。


起動は「xm create [domain name]」、停止は「xm shutdown [domain name]」再起動は「xm reboot [domain name]」


また、「xm create -c」とすると、起動すると同時にDomain-Uのコンソールが表示されます。

# xm create centos5
Using config file "/etc/xen/centos5".
Started domain centos5
# xm shutdown centos5
#
# xm reboot centos5


即座に停止したい場合は「xm destory [domain name]」というのもあります。

 # xm destory centos5


「shutdown」「reboot」は「-a」オプションをつけると、
全ゲストOSが対象になります。

  • Domain-Uの状態取得など


「xm list」で起動しているDomain-Uの一覧を表示します。

# xm list
Name                                      ID Mem(MiB) VCPUs State   Time(s)
Domain-0                                0     2854     2 r-----    363.7
centos5                                    5       255     1 -b----     19.1


「xm top」でリソースの使用状況をモニタリングできます。

xentop - 11:35:18   Xen 3.1.2-194.11.3.el5
2 domains: 1 running, 1 blocked, 0 paused, 0 crashed, 0 dying, 0 shutdown
Mem: 3397736k total, 3266968k used, 130768k free    CPUs: 2 @ 2800MHz
      NAME  STATE   CPU(sec) CPU(%)     MEM(k) MEM(%)  MAXMEM(k) MAXMEM(%) VCPUS NETS NETTX(k) NETRX(k) VBDS   VBD_OO   VBD_RD   VBD_WR SSID
   centos5 --b---         19    0.0     261940    7.7     262144       7.7     1    1        0      108    0        0        0        0    0
  Domain-0 -----r        366    0.2    2922508   86.0   no limit       n/a     2    4     5605   163240    0        0        0        0    0
  • Domain-0の状態取得など


「xm dmesg」でxen起動時のメッセージを出力します。

# xm dmesg
 __  __            _____  _   ____     _  ___  _  _    _ _   _____      _ ____  
 \ \/ /___ _ __   |___ / / | |___ \   / |/ _ \| || |  / / | |___ /  ___| | ___| 
  \  // _ \ \047_ \    |_ \ | |   __) |__| | (_) | || |_ | | |   |_ \ / _ \ |___ \ 
  /  \  __/ | | |  ___) || |_ / __/|__| |\__, |__   _|| | |_ ___) |  __/ |___) |
 /_/\_\___|_| |_| |____(_)_(_)_____|  |_|  /_/   |_|(_)_|_(_)____(_)___|_|____/ 
                                                                                
 http://www.cl.cam.ac.uk/netos/xen
 University of Cambridge Computer Laboratory

***略***


「xm log」でxen本体が出力したログを表示します。

# xm log
[2010-07-08 14:32:51 xend 3011] INFO (SrvDaemon:283) Xend Daemon started
[2010-07-08 14:32:51 xend 3011] INFO (SrvDaemon:287) Xend changeset: unavailable.
[2010-07-08 14:32:51 xend.XendDomainInfo 3011] DEBUG (XendDomainInfo:229) XendDomainInfo.recreate({\047paused\047: 0, \047cpu_time\047: 24482576008L, \047ssidref\047: 0, \047hvm\047: 0, \047shutdown_reason\047: 0, \047dying\047: 0, \047mem_kb\047: 2922028L, \047domid\047: 0, \047max_vcpu_id\047: 1, \047crashed\047: 0, \047running\047: 1, \047maxmem_kb\047: 17179869180L, \047shutdown\047: 0, \047online_vcpus\047: 2, \047handle\047: [0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0, 0], \047blocked\047: 0})


「xm info」でDomain-0のハードウェア情報を出力します。

# xm info
host                         : xxxxx
release                     : 2.6.18-194.11.3.el5xen
version                     : #1 SMP Mon Aug 30 16:55:32 EDT 2010
machine                   : x86_64
nr_cpus                    : 2
nr_nodes                  : 1
sockets_per_node     : 1
cores_per_socket      : 2
threads_per_core      : 1
cpu_mhz                   : 2800
hw_caps                    : bfebfbff:20100800:00000000:00000180:0000e43d:00000000:00000001
total_memory            : 3318
free_memory             : 127
node_to_cpu             : node0:0-1
xen_major                : 3
xen_minor                : 1
xen_extra                 : .2-194.11.3.el5
xen_caps                  : xen-3.0-x86_64 xen-3.0-x86_32p 
xen_pagesize           : 4096
platform_params      : virt_start=0xffff800000000000
xen_changeset         : unavailable
cc_compiler              : gcc version 4.1.2 20080704 (Red Hat 4.1.2-48)
cc_compile_by          : mockbuild
cc_compile_domain   : centos.org
cc_compile_date        : Mon Aug 30 16:11:29 EDT 2010
xend_config_format   : 2
  • CPU/メモリ/ブロックデバイス/ネットワーク関連


「xm vcpu-list」で物理CPUの割り当て状況を表示します。
割り当てを替える場合は「xm vcpu-pin」です。

# xm vcpu-list
Name                              ID VCPUs   CPU State   Time(s) CPU Affinity
Domain-0                        0     0         0   r--     296.9    0
Domain-0                        0     1         1   -b-      72.3    1
centos5                            5     0         1   -b-      19.3    any cpu


「xm block-list [domain name]」で割り当てられているブロックデバイスを表示します。

# xm block-list centos5
Vdev  BE handle state evt-ch ring-ref BE-path
51712    0    0     4      6      8     /local/domain/0/backend/tap/5/51712


「xm mem-max」でメモリ割り当ての最大値設定、「xm mem-set」でメモリ使用量を設定します。


「xm network-list」でDomain-Uに割り当てられている仮想ネットワークインターフェースを表示します。

# xm network-list centos5
Idx BE     MAC Addr.     handle state evt-ch tx-/rx-ring-ref BE-path
0   0  00:16:36:55:55:2b    0     4      7     768  /769     /local/domain/0/backend/vif/5/0
  • コンソールの切り替え


「xm console [domain name]」でコンソール表示。


Domain-0に戻るには「Ctrl + ]」でOK。


他にも色々あるので、何があるか調べる場合は「xm help」か「man xm」で。


今日はこんな所で。