読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Spacewalkを使う

以前にこんな記事を読み、Spacewalkなるものがある事を知りました


前から使ってみようと思いながら着手できていなかったのですが、
ひとまずインストールするところまで進められたので、
まとめておこうと思います。

Spacewalkって?


Linuxシステムの統合管理ツールですね。
RedHat社が出している「Red Hat Network Satellite」のオープンソース版になるようです。


この辺りを読むと良いです。

    • What is Spacewalk?
    • What's the difference between Satellite and Spacewalk?

セットアップ方針


こんな感じで進めます。基本は公開ドキュメントに即していきます。

    • 今回はパッケージインストール
    • データベースバックエンドはPostgreSQLを使う
    • 使用するディストリビューションはCentOS5.5
    • Web/AP/DBは分離せず、同じホストに同居させる

インストール

リポジトリの設定


yum用のリポジトリを設定します。
元々バックエンドのデータベースはOracleを使う事が想定されており、
最近PostgreSQLにも対応しようとしているようです。


PostgreSQLを使おうとする場合、まだ実験段階のようなので、「Nightly builds」を指定する必要があります。
(実際Nightly Builds をリポジトリとして指定しておかないとうまく行かず、依存関係でエラーとなりました)

# rpm -Uvh http://spacewalk.redhat.com/yum/1.1/RHEL/5/i386/spacewalk-repo-1.1-3.el5.noarch.rpm

# cat >> /etc/yum.repos.d/spacewalk.repo << 'EOF' 
[spacewalk]
name=Spacewalk
# RHEL5 / CentOS5
baseurl=http://koji.spacewalkproject.org/spacewalk/split/spacewalk-5E/server/spacewalk-5E-nightly/$basearch/os/
gpgkey=http://spacewalk.redhat.com/yum/RPM-GPG-KEY-spacewalk-2010
enabled=1
gpgcheck=0
EOF

# rpm -Uvh http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm

# rpm -Uvh http://spacewalk.redhat.com/yum/1.1/RHEL/5/i386/spacewalk-client-repo-1.1-3.el5.noarch.rpm
Import Redhat's RPM GPG key:
# wget -O /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release http://www.redhat.com/security/37017186.txt
# rpm --import /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release
PostgreSQL環境の用意


PostgreSQL8.4以上を指定してyumでインストールします。

# yum install -y 'postgresql-server > 8.4'


インストールが終わったらPostgreSQLを有効にします。

# chkconfig postgresql on
# service postgresql initdb
# service postgresql start


DBユーザーを作成します。マニュアルに習い、
DB名:spaceschema
DBユーザー: spaceuser
で作成します。

# su - postgres -c 'PGPASSWORD=[your password]; createdb spaceschema; createlang plpgsql spaceschema; yes $PGPASSWORD | createuser -P -sDR spaceuser'


「pg_hba.conf」を修正します。
以下の記載にします。
※今回はWeb/AP/DBのホストが同じなので、この設定

# vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
local spaceschema spaceuser md5
host  spaceschema spaceuser 127.0.0.1/8 md5
host  spaceschema spaceuser ::1/128 md5


設定を変えたので、再起動します。

# service postgresql reload


ログインテストをします。マニュアルでは以下のような例が示されていました。
プロンプトが変わればOK。\qで抜けましょう。

PGPASSWORD=[your password] psql -a -U spaceuser spaceschema
PGPASSWORD=[your password] psql -h localhost -a -U spaceuser spaceschema

Spacewalkのインストール


yum一発でOKです。色々パッケージがインストールされていくと思います。

# yum install spacewalk-postgresql

Spacewalkの初期設定


「spacewalk-setup --disconnected」コマンドを発行後、対話型で設定していきます。
こんな感じです。一通り入力すればインストールは完了なはず。

# spacewalk-setup --disconnected
** Database: Setting up database connection for PostgreSQL backend.
hostname (leave empty for local)? [your host]
Port [5432]? 5432
Database? spaceschema
Username? spaceuser
Password?
** Database: Populating database.
*** Progress: ####
* Setting up users and groups.
** GPG: Initializing GPG and importing key.
** GPG: Creating /root/.gnupg directory
You must enter an email address.
Admin Email Address? [your address]
Performing initial configuration.
* Activating Spacewalk.
** Loading Spacewalk Certificate.
** Verifying certificate locally.
** Activating Spacewalk.
* Enabling Monitoring.
* Configuring apache SSL virtual host.
Should setup configure apache's default ssl server for you (saves original ssl.conf) [Y]? Y
** /etc/httpd/conf.d/ssl.conf has been backed up to ssl.conf-swsave
* Configuring tomcat.
** /etc/tomcat5/tomcat5.conf has been backed up to tomcat5.conf-swsave
** /etc/tomcat5/server.xml has been backed up to server.xml-swsave
** /etc/tomcat5/web.xml has been backed up to web.xml-swsave
* Configuring jabberd.
* Creating SSL certificates.
CA certificate password? [your password] 
Re-enter CA certificate password? [your password]
Organization? [your organization]
Organization Unit [your host]? [your host]
Email Address [your address]? [your address]
City? [your city]
State? [your state]
Country code (Examples: "US", "JP", "IN", or type "?" to see a list)? [your contry code]
** SSL: Generating CA certificate.
** SSL: Deploying CA certificate.
** SSL: Generating server certificate.
** SSL: Storing SSL certificates.
* Deploying configuration files.
* Update configuration in database.
* Setting up Cobbler..
Cobbler requires tftp and xinetd services be turned on for PXE provisioning functionality. Enable these services [Y/n]?Y
cobblerd does not appear to be running/accessible
* Restarting services.
Installation complete.

Spacewalkの起動とログイン


起動は以下のコマンドを実行すればOKです。

 # /usr/sbin/rhn-satellite start


ブラウザでセットアップしたホストにアクセスすると、
初期ユーザーの登録画面が表示されるので、任意のユーザーを登録します。



ログインするとこんな画面が表示されます。


参考


面白そうなので、色々使ってみようと思っています。
今日はこんな所で。