読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

httpdを直接実行する

Apache TIPS

備忘録的に。


apachectlを使わないで直接httpdを実行する場合のオプションをメモすることにします。
Apacheは「/usr/local/apache」にインストールされていると仮定ということで。

起動/停止など


結局apachectlの中でも同じことをやっているわけですが。

    • 起動する
 # /usr/local/apache/bin/httpd -k start
    • 停止する
 # /usr/local/apache/bin/httpd -k stop
    • 再起動
 # /usr/local/apache/bin/httpd -k restart


「stop」「restart」だと強制的にプロセスを止めるはずなので、
もう少し安全に止めたかったら、緩やかな再起動になる「graceful」「graceful-stop」が良いですね。

「graceful-stop」はApache2.2以降。

設定ファイルを指定する


上述の「-k」オプションと合わせれば、一時的にコンフィグを指定することも可能。
設定を試すときなんかはいいと思います。

 # /usr/local/apache/bin/httpd -k start -f /home/myuser/httpd.conf.tmp


止めるときは、「-f」オプションを忘れずに。

 # /usr/local/apache/bin/httpd -k stop -f /home/myuser/httpd.conf.tmp

バージョンを確認する

「-v」で簡易表示。

# /usr/local/apache/bin/httpd -v
Server version: Apache/2.2.15 (Unix)
Server built:   Apr 19 2010 17:03:13


「-V」だともう少し詳細になります。

# /usr/local/apache/bin/httpd -V
Server version: Apache/2.2.15 (Unix)
Server built:   Apr 19 2010 17:03:13
Server's Module Magic Number: 20051115:24
Server loaded:  APR 1.4.2, APR-Util 1.3.9
Compiled using: APR 1.4.2, APR-Util 1.3.9
Architecture:   32-bit
Server MPM:     Worker
  threaded:     yes (fixed thread count)
    forked:     yes (variable process count)
Server compiled with....
 -D APACHE_MPM_DIR="server/mpm/worker"
 -D APR_HAS_SENDFILE
 -D APR_HAS_MMAP
 -D APR_HAVE_IPV6 (IPv4-mapped addresses enabled)
 -D APR_USE_SYSVSEM_SERIALIZE
 -D APR_USE_PTHREAD_SERIALIZE
 -D SINGLE_LISTEN_UNSERIALIZED_ACCEPT
 -D APR_HAS_OTHER_CHILD
 -D AP_HAVE_RELIABLE_PIPED_LOGS
 -D DYNAMIC_MODULE_LIMIT=128
 -D HTTPD_ROOT="/usr/local/apache"
 -D SUEXEC_BIN="/usr/local/apache/bin/suexec"
 -D DEFAULT_SCOREBOARD="logs/apache_runtime_status"
 -D DEFAULT_ERRORLOG="logs/error_log"
 -D AP_TYPES_CONFIG_FILE="conf/mime.types"
 -D SERVER_CONFIG_FILE="conf/httpd.conf"

モジュールの表示

「-l」オプションで静的に組み込まれているモジュールを表示します。

# /usr/local/apache/bin/httpd -l
Compiled in modules:
  core.c
  mod_authn_file.c
  mod_authn_default.c
  mod_authz_host.c
  mod_authz_groupfile.c
  mod_authz_user.c
  mod_authz_default.c
  mod_auth_basic.c
  mod_include.c
  mod_filter.c
  mod_log_config.c
  mod_env.c
  mod_setenvif.c
  mod_version.c
  worker.c
  http_core.c
  mod_mime.c
  mod_status.c
  mod_autoindex.c
  mod_asis.c
  mod_cgid.c
  mod_negotiation.c
  mod_dir.c
  mod_actions.c
  mod_userdir.c
  mod_alias.c
  mod_rewrite.c
  mod_so.c


「-M」で現在ロードされているモジュール一覧を表示します。
Apache2.2以降で使用可能です。

# /usr/local/apache/bin/httpd -M
Loaded Modules:
 core_module (static)
 authn_file_module (static)
 authn_default_module (static)
 authz_host_module (static)
 authz_groupfile_module (static)
 authz_user_module (static)
 authz_default_module (static)
 auth_basic_module (static)
 include_module (static)
 filter_module (static)
 log_config_module (static)
 env_module (static)
 setenvif_module (static)
 version_module (static)
 mpm_worker_module (static)
 http_module (static)
 mime_module (static)
 status_module (static)
 autoindex_module (static)
 asis_module (static)
 cgid_module (static)
 negotiation_module (static)
 dir_module (static)
 actions_module (static)
 userdir_module (static)
 alias_module (static)
 rewrite_module (static)
 so_module (static)
Syntax OK


「LoadModule」で組み込んでいるモジュールの場合、以下のように出力されます。

 proxy_module (shared)
 proxy_balancer_module (shared)
 proxy_http_module (shared)
 proxy_connect_module (shared)

バーチャルホスト設定の確認

「-S」オプションで「httpd.conf」に定義されているバーチャルホストの設定状況を一覧表示できます。

# /usr/local/apache/bin/httpd -S
VirtualHost configuration:
xxx.xxx.xxx.10:80       is a NameVirtualHost
         default server www.example.com (/usr/local/apache/conf/httpd.conf:271)
         port 80 namevhost www.example.com (/usr/local/apache/conf/httpd.conf:271)
Syntax OK

httpd.confの書式チェック

「-t」オプションでhttpd.confの書式チェックです。
apachectlに対してconfigtestの引数を与えるのと同等です。
「Syntax OK」が出ればサーバーの起動は可能。

# /usr/local/apache/bin/httpd -t
Syntax OK


今日はこんなところで。