読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Domain-UのKickStartインストール

今回はXenのDomain-U環境をKickStartを使って作った時のメモです。

イメージファイルの作成

「dd」コマンドでまずDomain-U用のイメージファイルを作成します。
ディスクは6GBを指定しました。

# dd if=/dev/zero of=/opt/xen/centos5 bs=1024k seek=6144 count=1
インストール作業

以下のコマンド発行して終了です。
メモリは256MB割り当てました。

 # virt-install --name=centos5 --vcpus=1 --ram=256 --file=/opt/xen/centos5 --nographics --paravirt \
 --location=http://xxx.xxx.xxx.5/centos5/disc1 --extra-args='ks=http://xxx.xxx.xxx.5/cfg/centos5.cfg \
 ip=xxx.xxx.xxx.10 gateway=xxx.xxx.xxx.1 netmask=255.255.255.0'


KickStartの環境は以下の流用です。

設定ファイル

インストールが終了するとDomain-0のホストに「/etc/xen/centos5」が作成されてました。
中身はこんな感じです。

 # cat centos5
 name = "centos5"
 uuid = "1c1602fa-9942-e9da-6af1-9737cbde9ac2"
 maxmem = 256
 memory = 256
 vcpus = 1
 bootloader = "/usr/bin/pygrub"
 on_poweroff = "destroy"
 on_reboot = "restart"
 on_crash = "restart"
 disk = [ "tap:aio:/opt/xen/centos5,xvda,w" ]
 vif = [ "mac=xx:xx:xx:xx:xx:xx,bridge=xenbr0,script=vif-bridge" ]

「dd」コマンドでファイルを作っただけだったからだと思うのですが、
パーティションテーブルを初期化するかどうかを途中で聞かれてしまいました。


今度要調査です。