読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Puppetを使ってみる(1)

今日はPuppetについて。
ついこの間から触りだしたばかりですが、一旦動かすところまでたどりついたので、
ここまでを簡単にまとめておこうと思います。

まずは参考にしたサイト

一番上は本家サイト。
日本語サイトではmizzyさんが書いてくださったものに目を通すのが第一歩ですね。

インストールについて

今回はRPMパッケージを使うことにしました。
ちなみに環境はCentOS5.4。
また、動作確認は同一ホスト(ホスト名:centos5)で行うことにしました

ということで、おもむろにDAG RPM Repositoryからyumでインストール。

以下の内容で「/etc/yum.repo.d/dag.repo」を作成

 [dag]
 name=DAG RPM Repository
 baseurl=http://ftp.riken.jp/Linux/dag/redhat/el$releasever/en/$basearch/dag
 gpgcheck=1
 gpgkey=http://ftp.riken.go.jp/pub/Linux/dag/RPM-GPG-KEY.dag.txt

そして、

# yum install puppet puppet-server

で終了。

初期設定

ここを参考にしながら、真似をしてみる

 # rm -rf /etc/puppet/*
 # mkdir -p /etc/puppet/manifests
 # touch /etc/puppet/manifests/site.pp
 # puppetmasterd --verbose --mkusers
 info: Starting server for Puppet version 0.22.4
 notice: /puppetconfig/puppet/Group[puppet]/ensure: created
 notice: /puppetconfig/puppet/User[puppet]/ensure: created
 info: Parsed manifest in 0.00 seconds
 info: Creating a new certificate request for centos5
 info: Creating a new SSL key at /etc/puppet/ssl/private_keys/centos5.pem
 info: Autosign is enabled but /etc/puppet/autosign.conf is missing
 info: Signing certificate for CA server
 info: Signing certificate for centos5
 info: Listening on port 8140
 notice: Starting Puppet server version 0.22.4
 notice: Caught INT; shutting down
 notice: Shutting down                  <--- 起動したので一旦 CTRL+C で終了

で、エラーを出さないために、/etc/puppet/manifests/site.pp を以下のように編集

node 'centos5' {
}

※定義はまた今度。

次はクライアント

# puppetd --server centos5 --verbose
notice: Starting Puppet client version 0.22.4
info: Facts have changed; recompiling
info: Caching configuration at /var/puppet/state/localconfig.yaml
notice: Starting configuration run
notice: Finished configuration run in 0.09 seconds
notice: Caught INT; shutting down
notice: Shutting down

サーバー側ではこんな感じ

info: Found centos5 in /etc/puppet/manifests/site.pp
notice: Compiled configuration for centos5 in 0.00 seconds

とりあえず、通信して動くところまで。

またいじることにします。

おまけ

hostsで解決させる場合は「/etc/sysconfig/network」の「HOSTNAME」と
名前解決させるホスト名を一致させておく必要があります。
DNS使わない場合はご注意を。

今日はこんなところで。